ムロ島で

「キモリ、戦闘不能、ハリテヤマの勝ち。よって勝者ジムリーダトウキ」
あっという間だった。

ボロボロのキモリが、ハリテヤマに勝てるわけも無く倒れた。

ポケモンセンターで、みんなが俺に注意している。
本当は、俺の為に言ってくれているのだが、
「お前らに何が分かるんだよ!」
出てきた言葉がこれだった。そのまま俺は、ポケモンセンターを飛び出した。
「ピカ!」
ピカチュウが後ろからついてくる。
しばらく走った後、サトシは足を止め、ピカチュウに話しかけた。
「ピカチュウ、俺、トレーナー失格だな」
「ピカ?」
「キモリに酷い事しちゃったし」
「ピカ、ピカチュウ」
ピカチュウが、俺を励ましている。その時、
「サトシー」
「ハルカ?」
名前を呼ばれて振り返ると、そこにはハルカが息を切らしてそこにいた。
「やっと追いついた、サトシってば足早すぎかも」
「さっきはゴメンな、ハルカ」
「え?」
「俺、ついカッとなっちゃって」
「サトシ」
「俺、悔しかったんだ、サーフィンばっかりして遊んでるジムリーダーに負けたのが」
「それは違うよ、サトシ」
「え?」
「トウキさん、サーフィンで遊んでたんじゃないよ。サーフィンで、相手の攻撃を避ける練習をしてたんだよ」
「そうだったのか」
「だからサトシも頑張ろう、頑張って修行してトウキさんに勝とうよ」
「そうだよな、サンキューハルカ、何だか元気出たぜ」
「よかった」
そう呟いた時、ハルカの頬に何かが触れた。
「え?」
「そのお礼だよ」
照れくさそうな顔をして、サトシが言った。
「じゃ、じゃあ、戻ろうぜ」
そう言って、ポケモンセンターへと戻ろうとしたその時、
「ねえサトシ」
「何だ?ハルカ」
「どうせなら」
そう言ってハルカは、サトシにキスをした。
「どうせキスするならここにしてよね」
そう言ったハルカの顔も真っ赤だった。
サトシの顔が余計に赤くなる。
「さ、早く戻りましょ」
ハルカは、放心状態のサトシの手を引っ張っていった。
(ファ、ファーストキスが)
サトシは頭の中でそんな事を考えていた。
ピカチュウは、その光景に顔を赤くして見ていた。
次の日から、サトシのムロ島修行が始まった。


 

ムロ島の出来事を少し(というよりかなり)改造しました。
今思えば、こんな事になってほしいなーとか考えていたからこんな事になったのかもしれないっす。
ハルカがどこにキスしたか、皆さんお分かりですよね。
Commentator by 雨恋

 
あの時のサトシはカッとなってしまってましたね。
それでも、仲間の応援というのはすごく大事なものです。
素直に聞いてくれれば、後々こんな展開が…と妄想してみたりw
Commentator by 冬草


戻る